飛蚊症にお悩みの方へ

飛蚊症治療の対応施設を探す

About Floaters 飛蚊症について

硝子体索や硝子体混濁がある方なら、これらのクモの巣や雲のような影によって生じる、もどかしい視覚障害(飛蚊症) についてご存知でしょう。

硝子体は、水晶体と網膜の間に位置する、眼の内腔を満たす透明なゼリー状の物質です。

年齢の若い方は、硝子体は完全に透明です。しかし、眼の加齢とともに硝子体は変性し、ゼリー状から液状になります。硝子体が安定していなければコラーゲン線維が崩壊し、結合して塊や節を形成します。これらの線維が網膜上に影を落とし、点状、糸状、あるいはクモの巣状の影として現れます。

多くの場合、眼のさらなる加齢に伴い、硝子体は網膜から完全に剥離する場合があります。このような状態を後部硝子体剥離(PVD)と呼びます。PVDでは、しばしば浮遊物が突然増加します。

  • 正常な視界
  • 浮遊物がある視界

飛蚊症にお悩みの方へ

  • 飛蚊症について
  • ビトレオライシスについて
  • 概要
  • よくある質問

飛蚊症治療の対応施設を探す

Floater Types 浮遊物の種類

浮遊物とは、眼の硝子体に浮かぶ小さな線維くずです。線維くずが網膜(眼の後部に位置する、光を感知する組織層)上に影を落とします。浮遊物があると、これらの影が視野に浮かんでいるように見えます。

クモの巣/糸

若年患者さんで最も一般的に見られる、細長く、密集した浮遊物です。複数の点および/または糸状のクモの巣に見えます。硝子体のコラーゲン線維が結合し、太くなることで生じます。

クモの巣/糸のイラスト

拡散した雲

雲状の浮遊物の原因は自然老化です。

拡散した雲のイラスト

ワイスリング

後部硝子体剥離により、硝子体皮質が視神経乳頭から剥がれた結果、生じる大きなリング状の浮遊物です。視神経乳頭に接する線維状の硝子体皮質が付着している場合があります。この浮遊物は線維状で、通常、水晶体および網膜から離れた安全な位置にあります。

ワイスリングのイラスト

動画:レーザービトレオライシス

ビトレオライシスは外来で実施可能な治療です。眼科用ナノ秒パルスYAGレーザーを使用して硝子体索と混濁を蒸散します。適応例においては非常に効果的であると同時に合併症発生率が低く、高い患者満足度が得られます。しかし適応か否かは、十分な検査と専門医師の判断が必要となります。

  • 飛蚊症について
  • ビトレオライシスについて
  • 概要
  • よくある質問

飛蚊症治療の対応施設を探す

レーザービトレオライシス研究会トップ飛蚊症にお悩みの方へ > 飛蚊症について